どろあわわだけでなく、体質改善でもニキビを治そう

どろあわわだけでなく、体質改善でもニキビを治そう

ニキビを治したり予防するには、体質改善も重要です。

 

どろあわわで肌を綺麗な状態にしても、ニキビができやすい体質だったら意味がありません。

 

「ニキビは肌の汚れが詰まって引き起こされるから洗顔やクレンジングが大事」だと考えている方は多いかもしれません。

 

これは間違いないものの、
身体の外側からのケアだけではなく同時に内側からも対策しなければならず、
その方法が体質改善なのです。

 

 

 

そこで、どのような点に気を配れば良いのか以下では表記しているので、
ニキビや吹き出物の発生で悩んでいる方は確認してみてください。

 

 

 

毎日の食事で体質改善を図ろう

 

 

身体の内側から体質改善を図ってニキビを治したいのならば、
毎日の食事で体質改善を図るのが適しています。

 

ニキビに良くない食べ物の摂取量を減らし、
ニキビに良い食べ物の摂取量を増やすように意識することで
健康的な肌の状態を維持できるのです。

 

以下ではどのような点に気を配って食事を取れば良いのかご説明しているので、
今一度自分の食生活を見直してみてください。

 

  • 肉類や中華料理など脂っこい食べ物の摂取を控える
  • チョコレートなどのお菓子の過剰摂取を控える
  • 緑黄色野菜や果物を食べてビタミンやミネラルを補給する
  • 色々な食べ物を食べて栄養素が偏らないように心掛ける
  • 1日3食を腹八分目の分量で良く噛んで食べる
  • 「何も食べない」「1品しか食べない」という無理なダイエットを行わない

 

脂っこいものや甘いものを食べたからといったニキビが直ぐにできるわけではありませんし、
これらの食べ物の中にも生きていくために欠かせない栄養素は含まれています。

 

しかし、過剰摂取によって肌トラブルに繋がりやすいのは事実なので、
脂質や糖質は4分の1〜3分の1程度に減らして、
その分野菜や果物の量を増やして体質改善を図ってみましょう。

 

 

漢方薬で体質改善を図ろう

 

 

毎日の食事による体質改善には即効性がなく時間がかかるため、
漢方薬の服用に頼るのは選択肢の一つです。

 

健康や美容のサポートとして頼りになる存在が漢方薬で、
中国医薬の理論を元にして様々な生薬を組み合わせて作られました。

 

 

種類によって異なるので一概には説明できないものの、
「皮膚の赤みを発散させる」「冷え性を改善する」「むくみを改善する」など
身体のアンバランスを整えることで間接的にニキビを治していきます。

 

 

外用薬や内服薬といった西洋医学の医薬品と比較して、
ニキビに直接的な効き目があるというわけではありません。

 

しかし、身体の内側から肌トラブルが引き起こされにくい体質の維持をサポートしてくれるので、
医師や薬剤師に相談して自分に合った漢方薬を服用してみてください。

 

もちろん、体質改善に成功したらといって、洗顔をおろそかにしたらニキビができてしまいます。
どろあわわとバランスのとれた食生活でつるつるの肌を手にいれていきましょう。